Biography

藤木寛充は描写を通して世界あるいは意識を探っている。
藤木は幼少の頃、まだ見ぬものを創作しようとするのが好きだった。少年期はスポーツ。青年期は音楽へと興味は移り、30歳のとき、油絵具をもらったのがきっかけで絵に移る。
音楽とは違い探求の跡が残ることに感銘を受け夢中になって描く日々。対象と実際に対峙し描く中で、移り変わる画風から、意識の状態で見え方が変わることに気づいてからというもの、この不思議さと向き合うこととなる。
世界または意識の探求とは、視覚をそのまま描写に繋げようと試みることであり、この行い自体が藤木の表現である。藤木はアートワークを通して無垢な世界を提示する。

Curriculum Vitae

藤木寛充 画家

1980
和歌山県で生まれ大阪市で育つ
2010
絵を始める
2021
活動の拠点を滋賀県大津市に移す
個展
2020
和識の世界 : スペースふうら / 大阪
2019
藤木寛充展 : 喫茶エコー / 大阪
2015
源展 : 茶臼山画廊 / 大阪
 
藤木寛充展 : カワチ ステップギャラリー(心斎橋カワチ画材店) / 大阪
2013
Hiromitsufujiki : 茶臼山画廊 / 大阪
2012
HIROMITSU FUJIKI : 茶臼山画廊 / 大阪
2011
Hiromitsu Fujiki : Chausuyama Gallery / Osaka
グループ展
2015
第3回 ピットズグループ展 : 安田画廊 / 大阪
入選、入賞歴
2018
第72回姫路市美術展 : 入選
2015
第66回茨木市美術展 : 入選
2013
第67回姫路市美術展 : 入選
2010
第41回元陽展 : 入選
HIROMITSU FUJIKI
タイトルとURLをコピーしました