Oil paintings&Drawings

よくわからないこと

自分は何に関心を持ち風景を描いているのかを改めて考えたとき、遠近法や立体感、質感、存在感以外であるといえる。それらは彫刻で表現するのがよいだろう。だけどそれを求めていそうな作風になるときもある。もうちょっとという意識がずっとあるが、それがなかなか進まない。自分は、得に何に惹かれて描いているのか、はっきりとした答えが言えないのが答えであるが、それを絵で表現することもまだまだ。

描くことに目的や目標はあるが達成するはずもないのではないだろう。だけどある。

よくわからない。

これもよくわからない。

ただ描いているときが一番幸せ。現実逃避でもなんでもいい。その時間で埋められた画面には自分にとっての充実が詰まっている。

← Previous post

Next post →

© Hiromitsu Fujiki - All Rights Reserved.