13年が経った

13年が経った

Written on 2023-01-25T12:01:36+09:00 in Blog by Hiromitsu Fujiki

画業13年目を迎えました。

不思議と自分にとっての画家像は初めからずっと変わりません。なぜだかこのような想像をしていて、この世に存在もしていない僕の中だけの画家像ですが、気づいたときにはその人ならどうするかを想像してその通りに動いてきています。絵を描きだしたことで自分の未来が開けたと言っても過言ではありません。ふと現実に目を向ければこの道は今も険しく暗いトンネルの中にいるようです。絵については僕と言っているこの意識が持つ性質を鮮明に明らかにさせたい。音楽では断念しましたが、絵なら届くという想いは変わっていません。

Related Articles

生命の力

作者は制作している間に生きよう。創造のみに対する姿勢、責任のありかたが作品の軸になる。生命の力の存在を掘り下げるよう、天から差し込む光の指示に忠実に従い続けようとする意志による行動は、歩みを止め、天……
努力と熱中

自身と、他者。外的影響から操作される行動と、身体を操作する行動。 夢や希望、目的、目標と、いま。努力の結果と、熱中の結果... 終わりの無い行いに、人は勝手に結果をもたらしてくれる。ある……
かぜとこころ

姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流されるままに流れているのか。 自身の姿は無くとも、木々を靡かせ、大地に音を奏でる。姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流される……