青い空

新しいノートを手にしているような気分の中にここのところ居る。
書き出しの初めの線はまだないが、そう取ると気分が楽になる。
何がどうなのか。巡ってもいないキラキラした中身の無い光だけの理想が、たまに頭を過ぎるとき、現状を酷くさせる。

更新日:2023-01-16T03:15:02+09:00

タグ:

Related Articles

混ぜるな危険

色の世界での素描、彩色。物質の世界での素描、彩色。どちらかにしか立つことは出来ない。魂、心は不動。物質の世界での作品は価値を読ませる。色の世界での作品は価値を感じ取らせる。その混合が不純物となり、ゴ……
13年が経った

画業13年目を迎えました。 不思議と自分にとっての画家像は初めからずっと変わりません。なぜだかこのような想像をしていて、この世に存在もしていない僕の中だけの画家像ですが、気づいたときにはその人……
かぜとこころ

姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流されるままに流れているのか。 自身の姿は無くとも、木々を靡かせ、大地に音を奏でる。姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流される……