空洞の中

絵を描くことができる現実。対象を見つめているときに抱く感覚。充満しているのか、何もないのか。こんな不思議な感覚を抱いている自分を見つめて、そして対象も見つめる。そしてあるひとつの認識とわたしの意識が交差を繰り返す中で空洞が生まれる。こんな感覚の中で描いているときに自分と会えるような気がする。

更新日:2023-01-19T00:33:37+09:00

タグ:

Related Articles

かぜとこころ

姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流されるままに流れているのか。 自身の姿は無くとも、木々を靡かせ、大地に音を奏でる。姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流される……
描いている間の感覚

「見ていないときに、見えているものを観る」見ていないときに見えているものの視線、眼差し、心を汲む術は空に在り、見ている者への同化への過程に、深層が優位になるにつれ、表層は単純になっていく。 ……
想いでもないもの

人によって様々な感想を抱かせる作品は、様々な心境のようなものを持ちながら制作されたものだろうから、制作する際の心境なのか環境(感情は論外、ゼロで制作)をシンプルに、ほぼ何も無いのと同じくらいに研ぎ澄……