対象を見ていると

やがて空間も閉ざされる。
その中で見る線は質感や物質による立体感でもない、それら生命の様子へと移るが、それがそのものの放つ光を識別させたときの、鮮度、明度の差から線を選んできたが、とうとうそれも透明になる。
結局何も知る必要が無い。
ただ自分は描いている間、風のような光のような、そんなものだと感じている。

更新日:2023-01-19T00:34:51+09:00

タグ:

Related Articles

視線の先

絵は綺麗だと想ってしまうものがいい。何故綺麗なのかと理解出来ない混乱が、引力に繋がっている。これは意図的には生み出せない。しかし土台は意図させないと直感は生きてこない。遥か彼方の小さな小さな自身の星……
描いている間の感覚

「見ていないときに、見えているものを観る」見ていないときに見えているものの視線、眼差し、心を汲む術は空に在り、見ている者への同化への過程に、深層が優位になるにつれ、表層は単純になっていく。 ……
比べられない惨めさ

これまで先人達の、「その通り」とされた、幾人かの画家の記述、作品を知り、それが支えとなっていたため、迷うことなく様々に意識を変革させ絵が変化し、その度に「そうだよね」と共感し合える今は亡き人との会話……