偏頭痛

昨晩今まで体験したことのない偏頭痛。それと同時に深いネガティブな自分が続々と顔を出した。
当然明日のことなどなにもない。そんなこと百も承知でやってきている。しかしそれらを事細かく思い巡らせていくと、今を消したくなった。しかしそれをしてしまうとまた振り出しに戻る気がした。


同じような環境、家族構成、心境といずれまた、現在と全く同じ心境を味わわなければならないかもと、そんな気がした。激しすぎる痛みの中で。どうすればいいのだろう、と考えても無駄なことは知っている。どうにもしなくても現状を己が創り上げていることも気付いている。
しかし、こんな痛みに紛れ、隠れていた弱い自分が顔を出すとそいつも大切にしたがる自分の癖が蘇る。
しかし、痛みを堪えるのではなく、身体を忘れることを願い行ったとき、単に後頭部には熱さだけがあった。気付けば朝で寝れていた。

更新日:2023-01-16T03:06:59+09:00

タグ:

Related Articles

彗星

突き上げられた衝動から根拠を見つけるのは難しい。動き出した自分を継続させるのは、それに伴う行動をし続けることでしか継続されない。この衝動と出会えるのは人生で数回だけだろう。 ……
描いている間の感覚

「見ていないときに、見えているものを観る」見ていないときに見えているものの視線、眼差し、心を汲む術は空に在り、見ている者への同化への過程に、深層が優位になるにつれ、表層は単純になっていく。 ……
視線の先

絵は綺麗だと想ってしまうものがいい。何故綺麗なのかと理解出来ない混乱が、引力に繋がっている。これは意図的には生み出せない。しかし土台は意図させないと直感は生きてこない。遥か彼方の小さな小さな自身の星……