静寂

己の道を全うすることが平和へ繋がる。
その道は自身の内面で拓かれた道。
外部(自身以外全て)か ら象られた道(行為)ではなく。
その道の見えない者、じっとしておくこと以外、積極的行動はない。

その道とは、自身以外とは全くかけ離れている行いに感じられるかもしれない。
それはあなたが勝手にそう思っているだけ。その衝動 にどう対抗するか、それが己の道に添えられた、道徳常識までの帰り道。

善悪、生死など単なる表層。
あえて悪を述べるなら、それは悔い。
なんでも行って良い。ただ悔いを完全に禁止せよ。としている人に 他者、出来事への矛先はない。
常に自身に向いている。としている人は今を、己を生きている。とは、外から見れば無関心、異常、人 でなしと映る場合が多い。そんなまやかしが己の道にはずっと添えられているが、目を閉じ静寂の中で己だけを見ることに専念せよ。

更新日:2023-01-16T02:56:52+09:00

タグ:

Related Articles

想いでもないもの

人によって様々な感想を抱かせる作品は、様々な心境のようなものを持ちながら制作されたものだろうから、制作する際の心境なのか環境(感情は論外、ゼロで制作)をシンプルに、ほぼ何も無いのと同じくらいに研ぎ澄……
かぜとこころ

姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流されるままに流れているのか。 自身の姿は無くとも、木々を靡かせ、大地に音を奏でる。姿形、居場所も分からず、進む方向さえも分からない。流される……
描いている間の感覚

「見ていないときに、見えているものを観る」見ていないときに見えているものの視線、眼差し、心を汲む術は空に在り、見ている者への同化への過程に、深層が優位になるにつれ、表層は単純になっていく。 ……