描いている間の感覚

「見ていないときに、見えているものを観る」見ていないときに見えているものの視線、眼差し、
心を汲む術は空に在り、見ている者への同化への過程に、深層が優位になるにつれ、表層は単純になっていく。

更新日:2023-01-16T02:49:41+09:00

タグ:

Related Articles

関係性

多種多様な対象との間(マ)で「何か」は漂い、それはわたしのものではなく、対象のものでもない。それはわたしのものでもあり対象のものでもある。そして「何か」をわたしの一部としてしまう想像は自由で、「何か……
比べられない惨めさ

これまで先人達の、「その通り」とされた、幾人かの画家の記述、作品を知り、それが支えとなっていたため、迷うことなく様々に意識を変革させ絵が変化し、その度に「そうだよね」と共感し合える今は亡き人との会話……
想いでもないもの

人によって様々な感想を抱かせる作品は、様々な心境のようなものを持ちながら制作されたものだろうから、制作する際の心境なのか環境(感情は論外、ゼロで制作)をシンプルに、ほぼ何も無いのと同じくらいに研ぎ澄……