想いでもないもの

人によって様々な感想を抱かせる作品は、様々な心境のようなものを持ちながら制作されたものだろうから、制作する際の心境なのか環境(感情は論外、ゼロで制作)をシンプルに、ほぼ何も無いのと同じくらいに研ぎ澄ませていけば、ひとりの鑑賞者の抱かれる感想はそれは皆平等に感じるということに繋がり、共有度が増す。
何も無いという作品において自身を見つめることへと感想が進むならば、それがたったひとつの「自分を観る」というだけの感想である。
しかし鑑賞者にとって、これは寂しいと感じられる方が、その寂しいという感想を他者へ共有しようとしたとき広がりは起きない。そんな行為を呼び起こさせないように、作品自体の完全性、それ以前に作者自身の完全性が必要となる。
作者自身の完全性とは、線を引いたとき、色を置いたときに感じるそれである。それが全ての線、全ての色に移すのは神業としか言いようがないが、出来るかもしれないという期待がこれからもずっとずっと描かせる。

更新日:2023-01-19T00:27:46+09:00

タグ:

Related Articles

生命の力

作者は制作している間に生きよう。創造のみに対する姿勢、責任のありかたが作品の軸になる。生命の力の存在を掘り下げるよう、天から差し込む光の指示に忠実に従い続けようとする意志による行動は、歩みを止め、天……
努力と熱中

自身と、他者。外的影響から操作される行動と、身体を操作する行動。 夢や希望、目的、目標と、いま。努力の結果と、熱中の結果... 終わりの無い行いに、人は勝手に結果をもたらしてくれる。ある……
比べられない惨めさ

これまで先人達の、「その通り」とされた、幾人かの画家の記述、作品を知り、それが支えとなっていたため、迷うことなく様々に意識を変革させ絵が変化し、その度に「そうだよね」と共感し合える今は亡き人との会話……